ゴマ

20年の研究により判明されたセサミンの驚きの働き

セサミンは現在では様々なメディアなどで話題になることが多くなりました。
そんなセサミンですが、このセサミンが健康に有効な成分であることを発見して、
それを開発に応用するまでに要した時間は20年です。
これほどまでに長い時間をかけてセサミンの研究がおこなわれてきました。

セサミンという成分が存在することを見つけ出したのはあの有名なサントリーです。
サントリーは人体に良い効果を発揮することのできる油についての研究を進めていました。

京都大学と共同研究していて、夢のあぶらプロジェクトとして研究が進められました。
アラキド酸という健康に影響を与える成分の研究をしていて、
これの数を増やすための研究をしていました。

その過程で、大豆などの植物油では変化が生じたのですが、
ごま油では変化が起こらなかったという研究結果が出ました。
この結果から、サントリーはゴマにも注目をするようになりました。

結果的にはアラキド酸の研究は失敗したのですが、
この研究の過程でセサミンを見つけ出すための方向転換に成功したのです。

ゴマの研究をすることにしたサントリーは、その間にゴマが高い抗酸化作用をもっていることに
気が付いて、特にゴマが含有するセサミンが抗酸化作用をもつことを発見しました。

そして、セサミンはゴマの中に1%しか含有されていないということを発見して、
このセサミンだけを抽出してカプセルに凝縮してしまうことに成功しました。

当時はセサミンはほとんど知名度が無く、
他のサプリメントにも含まれていないので、あまり流行はしませんでした。

しかし、サントリーはその後もセサミンの研究を続けていき、実験を重ねて、
セサミンが活性酸素を抑えることを発見して、その研究結果を公表しました。

そして、ついに飲みやすい方のソフトカプセルを開発して、これにセサミンや様々な成分を
含ませることにより、サントリーのセサミンが完成して、大人気商品となりました。
20年の研究の成果が報われたのです。

セサミンは若い体を取り戻したい方には最適なサプリメントです。

Menu